初心者は何すればいい?『投資のはじめ方』

「投資をやってみたいけど、何から始めればいいかわからない。」

「なんか面倒で何もやっていない。」

「やろうと思ってから時間がたってしまった。」

 

そんな悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。

いざ投資しようと思っても、証券口座選びに開設手続きさらに投資先を選ばなくてはなりません。はじめの一歩が複雑でなかなか進めない人が多いです。

今回の記事では、投資を始めたい人向けのステップをまとめました。その順序で行動し投資家デビューしましょう。

投資のはじめ方

証券口座の開設

最初のステップとして、証券口座を開設しなければなりません。証券会社には大きく2種類あってネット証券と店舗証券があります。今回オススメするのは、

ネット証券です。

その理由は大きく2つ、手数料が安い取引ツールが充実しており初心者でも十分情報を集められることです。投資では基本的に売るときも買うときも手数料がかかります。ネット証券では店舗証券と比較するとかなり手数料に違いがあります。

初心者はもちろん上級者にとっても手数料を抑えることは投資の成否に関わる確実でにできる重要なポイントです。

オススメのネット証券3社

 1、SBI証券 ネット証券口座開設者数がNo.1
        投資商品が多い
        手数料が安く初心者のうちは0円で取引ができる

 2、楽天証券 楽天ユーザーにオススメ
        取引アプリが使いやすい
        手数料も安い

 3、松井証券 手数料が安い
        老舗の安定感とサポートの充実

他にも、1株から購入可能なLINE証券auカブコム証券などがあります。

複数の証券口座を持つ人もいますので、将来的にはいくつ口座を作るのもありです。ただ管理が大変なので、最初のうちは基本的に1つの口座で十分です。わたしは現在はポイントがあるので、楽天証券のみで投資しています。

投資初心者で、投資先の提案などのサポートしてくれ、証券会社の営業さんと窓口や電話でやりとりする店舗型の証券口座を開設する人がいます。

店舗証券はネット証券と比較して手数料が割高であること。これが大きなデメリットで手数料は低い方がよく、投資の成否に大きく影響します。

また、提案してもらったものを買うだけで自分は何もしなくても投資ができることがよくないです。証券会社は損失を出したとしてももちろん責任を取ってくれることはありません。

自分で稼いだお金を運用しているのに誰にも責任感のない状況になりやすいのです。投資に対してはじめたばかりで不安があるのもわかりますが、なるべくやめておきましょう。

どうしても店舗証券を利用したい場合は、ネット証券と併用しながらやるのがいいです。

最悪なのは銀行などで勧められて投資信託などを購入することです。手数料がもっと割高になります。銀行は仲介しているだけなので、取引のプロセスに余計な1社が加わるためその分割増されます。

銀行員は金融のプロだという印象から信頼しがちですが、投資に対する知識がほぼない状態で販売していることもあります。私が以前勤めていた銀行の支店には投資信託についてちゃんと理解している人はいませんでした。ノルマに組み込まれているから勧めている感じでした。

もちろん全ての銀行がそうではないですが、銀行員だからすぐに信用してはいけないことを覚えておいてください。

投資目的のはっきりさせよう。

なぜ投資の目的をはっきりさせた方がいいのでしょうか。それは目的によって銘柄の選び方や売買のタイミング、投資との向き合い方、学習の仕方などが大きく違うからです。

リスクを抑えるインデックス投資などの、投資信託や国債などに投資する場合はファンドにお任せなので基本的な知識があれば大丈夫です。しかしリスクを大きくとる投資をするならば、個別の銘柄に対する調査や購入タイミングなどがとても重要になるので投資に関するたくさんの知識が必要です。自分の資産を守ってくれるのは自分だけなので、厳しい相場の世界で生き残るには知識や経験を身につけなければなりません。

例えば、「老後の資金の確保」が目的の30歳であれば、長い期間の積み立て投資が可能なので、リスクをあまり取らずになるべく安全な銘柄に投資をするのがいいです。

また、「株主優待が目的」であれば、株主優待を実施している企業の株をたくさん買わなければなりません。株主優待を受けるには、確定日の2営業日前から保有しなければならなかったり、持株数によって受けられる優待が異なったりするので注意が必要です。優待券を使うとき「この会社の株主です」と少し誇らしい気持ちになります。

一番多い目的は、今の収入を増やしたいという人だと思います。その場合は、リスクを大きめにとる必要があります。個別銘柄を数社に絞った投資であったり、アクティブファンドで運用など方法はたくさんあります。ただこのやり方は利益が比較的大きくなる可能性もありますが、損失も同じように大きくなる可能性があります。

投資をはじめる上で、最低限の知識は身につけよう。

投資は専門的で学ぶことがたくさんあります。勉強すると奥が深すぎてどこまでやればいいのかわからなくなります。なので最低限の知識を身につけたら、投資家デビューしてみましょう。

最近は、かなり小額でスタートすることができますので、やりながら学習する方法がいいです。そのときに必要な情報を確認しながらすすめていきましょう。

まず身につけたい投資知識。

商品に対する知識。

どんな商品があるのか(株、投資信託、債券、コモディティなど)。その商品のどのぐらいの値動きがあり、リターンはどれくらい見込めるのか。どんな仕組みで取引されるのか。

商品を購入する知識。

その商品を購入したい場合は、自分の証券会社で購入できるか。どうやって注文を出すか。その商品の手数料はどれくらいかかるか。

税金の知識。

まず特定口座と一般口座があり、特定口座は証券会社の方で税金の計算をやってくれる仕組みで基本は楽なので、こちらを選んでください。株を運用して利益が出たとき、その利益に対して約20%の税金がかかります。ビットコインなどの仮想通貨は税金の扱いが違うので注意が必要です。NISAなどの税制優遇制度もあるので一緒に勉強しましょう。

とりあえず、投資を始める前に入門書を1、2冊ほど読んでから始めることがオススメです。

何に投資をするか決める。

投資目的がはっきりしていれば、その目的あった対象に投資していきましょう。

投資初期に大切なのは小額で投資を始めなるべくリスクを抑えることです。大きな失敗をせず投資に慣れることが目的です。小額で自動的に分散して投資ができる、投資信託やETFがオススメです。

たくさんの人からお金を集めてまとめて運用する投資信託やETFは、多くの企業に対して分散投資ができます。上場しているかしていないかの違いがあるETFと投資信託ですが、簡単にいうと値動きが見れるのはETFだと認識する程度で大丈夫です。

これらは相場全体が下がると一緒に下がりますが、個別銘柄と比較すると値動きは安定しています。

ETFは値動きを見れるので、投資タイミングを学ぶ上でもおすすめの投資対象です。

まずは勉強も大切ですがやってみなければ理解は深まりませんし、何も変わりません。初心者の方は投資をしながら勉強することを心掛けてください。

これからも一緒に学んで人生を豊かにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました