仕事に行きたくない!!辛すぎる毎日を過ごすあなたへ

雑談

「毎日、朝起きるのがツラすぎる!!」

「朝が来なければいいのに・・・」

小学生から社会人になっても

20年以上も苦しみ続けてきました。

  

ブラック企業に入り、地獄の日々を過ごした

仕事行きたくないエリートの私が、

朝日に怯えながらもなんとか耐え続けている同志に向けて、

私の体験ベースで少しずつ精神的に改善したアクションをお伝えします。

 

ほんとに毎日、毎朝ツライよね

仕事に行きたくない!!

毎日、仕事や学校に行くのがツラいですよね。

海外の働き方とかを調べて、ドイツいいなー北欧いいなーってよく思います。

 

私は小学生から社会人になっても、

「毎日行きたくねー。」

って思ってました。

 

休みの日以外は、気持ちのいい朝を迎えられたことはありません。

学生時代は周りの様子をみながら、

なんちゃって優等生をして乗り越えました。

でも新卒で行った会社ではそうはいきませんでした。

 

古い社風で怒って怒鳴って育てる文化。

そんな会社で自分が言われるのはもちろん、

先輩たちが怒られる姿にもダメージを受け、

毎朝、緊張と不安で嘔吐してからスタート。

 

精神的に崩れるのもすぐでした。

あと二歩ぐらいで取り返しのつかないところでした。

 

しかし、恐しい国ニッポン。

こんな会社も珍しくない。

この環境でもなんとか耐えている人も大勢いると思います。

そんな強靭なメンタルは尊敬しますが、私には無理です。

 

私のように朝日に怯えながら生きている同志に向けて、

劇的には変わりませんが、

少しずつ気持ちが楽になった行動をお伝えします。

 

心がツライとき、楽になった方法4選

①自分よりもツラい環境にいる人のことを調べる。

②貯金と節約をする。

③副業をやってみる。

④本当にヤバければ会社をやめるべき。

  

①自分よりもツラい環境にいる人のことを調べる。

めちゃめちゃ辛い環境だと思っても、

世の中には、上には上がいます。

当時の私は、2ちゃんねるとかでブラック労働している人たちのスレッドに、

「こんなにヤバい人がいるか!!」

「自分はまだマシだ・・・」

と思いにいきました。

少し気持ちが楽になります。

自分よりも大変な人が見つからなければ、逃げましょう。

 

 

②貯金と節約をする。

私は実家暮らしをしていたため

かなり貯金することができました。

 

金額が大きくなると、

「仕事やめてもしばらく食べていけるな。」

「やばかったらやめようかな。」と思え、

心にゆとりが持てます。

 

さらに当然ですが、

節約を意識することで貯金のスピードも上がります。

私の場合は、「どうでもいい金」を使わないようにしました。

例えば、

なんとなく欲しい ブランド品 や

使えるのに買い換える 家電 などです。

 

大切な人たちとの交際費、

時間を生み出す時短グッズ、

趣味での出費などは抑えすぎずに

無理のない貯蓄が大切です。

  

 

③副業に挑戦する。

定年まで同じ会社で生きて行くのは厳しいかもと

思っている方も多いのではないでしょうか。

自分の体力・気力、

今後の時代や業界の変化など会社寿命もわかりません。

 

だからこそ、自力で稼ぐ手段をつくっておくことが大事になります。

私は投資から始めてみました。

サラリーマンなので、細かいトレードはできませんでした。

なので夜のうちに注文を出して、仕事終わりに確認するやり方からスタートしました。

 

小さな値動きでドキドキで、

仕事中も気になることもありました。

はじめて1万円以上の利益を出したときはなんとも言えない

喜びを感じました。

個人の力で収益を上げる体験は自信につながります。

 

株式投資は副業と呼ぶかは微妙なラインです。

しかし、無難なインデックスファンドに毎月1万円投資し続けるだけでも

大きな経験と心の支えになるので

投資を始めてみるのはオススメです。

 

 

④本当にヤバければ会社を辞めるべき

ここまでは、会社に残りながらできることです。

しかし、本当にツラくて心を壊してしまいそうなら絶対に辞めるべきです。

  

会社を辞めることは大きな決断です。

仕事に対する責任感や同僚の目とか、色々なことを考えてしまいます。

でも何かあったとき、

自分を守ってくれるのは会社ではなく、あなた自身です。

 

日本は働きやすくはないけど、

生きやすい国です。国のセーフティーネットがしっかりしています。

何かあっても国を頼れば、なんとかなります。

人生を楽しみながら一緒にがんばりましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました